自動車の廃車手続きとは?

さてさて、自動車を廃車にするには、
廃車登録手続きが必要な事がお分かりいただけたと思います。

そこで、このページでは、自動車を廃車にするための手続きである
永久抹消登録と一時的抹消登録の2種類について 見ていきましょう。

廃車にする為の永久抹消登録と一時抹消登録

ガタが来て乗らなくなった自動車や、
事故や、寿命的に動けなくなった自動車など原因は色々とあるでしょうが、
この自動車を を解体して定められた機関で廃車手続きを
行うことを抹消登録と呼びます。 定められた機関とは、陸運局の事です。

動かなくなった自動車や、使わなくなった自動車を放置していた場合、
この抹消登録を行わないことには、
その間ずっと自動車税を請求されてしまうことになります。

それ故に、自動車が不要になった場合は
早々に廃車手続きを行う事を管理人はオススメします。

世間一般でいう廃車とはこの永久抹消登録を終えて初めて廃車と言えるのです。
その登録を出す車両に乗らないということを、届出なくてはならないということですね。
永久抹消登録というのは、この車両に永久に乗りませんということを
あらわす為の申請ともいえるでしょう。

転勤であったり、半年ぐらいの長期出張等、
なんらかの理由で長い間自動車を使わない場合でも
自動車税というのは発生してしまい、税金を納める必要が出てきます。

このような場合の自動車税をカットする為に
申請登録すれば、一時的に廃車にすることが出来ます。

この申請登録の事を一時抹消登録とと言います。

しかし、便利なようでこの抹消登録、
実は手続きが面倒だったりするのが少々ネック・・・

なので、自動車を使用しない期間が短いようでしたら、
一時抹消登録をしない方が良いケースもあったり・・・(゜ー゜;Aアセアセ

check

Last update:2018/4/13